俺の作業デスク
http://tenkuuizayoiduki.blog19.fc2.com/

スポンサーサイト

--/--/--/--:--:--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--/--:--:--(--) [ スポンサー広告 ]

最新版の無料セキュリティソフトを比較してみた【2012年12月版】

2012/12/30/21:46:20(Sun)

BitDefender Antivirus Free Editionを入れて1週間ほどたちましたが、特に不具合もなく安定しています。たぶん。
それで、ここ2ヶ月の間にいろいろなセキュリティソフトを使ってきたのでここらで一度まとめることにしました。

比較対象は

・Avira Free Antivirus 2013
・BitDefender Antivirus Free Edition
・COMODO Internet Security 2013(Ver 6.0)
・Microsoft Security Essentials

の4つです。

以下、語句の説明なども含まれますが、例によってかなりざっくりしたものですし、信頼性も保証しません。
一応調べてはいますが、個人の偏見なども混ざっているものと思っていただけると。



では、ざっくり比較表を。

Avira BitDefender COMODO MSE
常駐保護
ヒューリスティック法 ※1
ビヘイビア法 ※2 ×
サンドボックス × ×
WEB検索結果の評価 × × ×
HTTPスキャン ※3 × × ×
ファイアウォール × × ×
IDS ※4 × ×
HIPS ※5 × × ×
仮想デスクトップ × × ×
SNS保護 × × ×
日本語 ×
Win8対応 ×
広告 × × ×
ユーザ登録 - 必要 - -
登録なしでの試用期間 - 30日 - -


※1 ヒューリスティック法
「発見を助ける」とかそんな感じの意味。
定義ファイルとのパターンマッチではなく、ファイルの解析などによって怪しげなファイルを検出する手法。
以下のビヘイビア法も含めて「ヒューリスティック」と呼ぶこともあるが、ここでは主にファイルを解析(実際に動作させず)して検出する手法を指す。(ビヘイビア法は別扱いとする)

※2 ビヘイビア法(ふるまい検知、プロアクティブ機能などとも呼ばれる)
「行動」「ふるまい」の意味。
実際にファイルが動作しているとき、または(自動で)仮想環境(サンドボックス)内でファイルを動作させたときなどのプロフラムの動作を監視し、怪しげな動作を検出する技術。

※3 HTTPスキャン
この記事では主に「危険なウェブページを検出し、ブロックする機能」のことを指す。

※4 IDS(Intrusion Detection System: 侵入検知システム)
通信を監視し、怪しげな通信を検出する技術のこと。

※5 HIPS(Host-based Intrusion Prevention System: ホスト型侵入防止システム)
内部のプログラムの動作を監視する機能のこと。

以下、個別に感想を。個別に 感 想 を。大事なことなので2回言いました。

Avira Free Antivirus 2013


検出力が高いことで有名な、avast!やAVGと並ぶ無料アンチウィルスソフトウェア。
更新時に結構な大きさの広告(800x600くらい?1日1回くらいはでる)が出る。
有償版に比べると、クラウドスキャン機能、ビヘイビアブロッカー、メールスキャンなどの機能が削られているが、その分軽く、メモリ使用量も少なくなっている。
また、メールスキャン機能が含まれていないとはいえ、ウィルスが走り出した瞬間に捉えるので問題にはならない。
WEBブラウザの通信チェックは付属のツールバーをインストールすることで行われるようになるが、これがask製品であるためあまり評判は良くない。
SNS監視機能らしい項目があったものの、確か有料版のみの機能だったと思う。

BitDefender Antivirus Free Edition


満を持して常駐機能を装備し、メインのアンチウィルスとして使用することが可能となった。
検出力は数あるアンチウィルスソフトの中でも最強クラス。
サンドボックスについては触れられていないものの、搭載されているB-HAVEという機能が「"安全な仮想環境内"でファイルを自動実行し、動作をチェックする」というもの(有料製品の解説)なので、サンドボックスっぽい機能は含まれるはず。ただし、任意での使用は不可。
動作は存在を忘れるほどに軽快であるが、前述の仮想環境のせいかメモリ使用量は結構多い。また、軽快さの反動か、スキャンにやたら時間を食う。しかし、スキャン中もそれを感じさせないほど軽いのは特筆に値する。(ただ、コンテキストメニューからのスキャンに何分もかかるのはちょっと……。これはバグか?)
また、ウィルスなどにつながるURLや詐欺サイトをブロックする機能もある。かなり下層で動いている機能らしく、OperaやFirefoxなどでも動作した。
また、My BitDefenderというサイトへの登録が必要であり、登録後にブラウザでログインするとFacebook、Twitterの保護機能が使えるようになる。使ったことがないため詳細は不明。

最大の問題点として設定項目が極端に少ないことが挙げられ、「常駐保護」と「自動スケジュールスキャン」のオン・オフしか設定が存在しない。ほかにできることと言っても、検疫されたファイルを抹殺するくらい。
公式WEBでは「高度な人工知能により、プログラムが最適な判断を下すのでユーザの手を煩わせない」みたいなことが謳われていたが、それにしても設定項目なさ過ぎじゃね?

COMODO Internet Security 2013(Ver 6.0)


アンチウィルス、ファイアウォール、HIPS、サンドボックス、仮想デスクトップを備え、広告なし登録いらずの多機能タイプ。アンチウィルスとファイアウォールはどちらかのみ選んでインストールすることもできる。
正直なところ、ウィルス検出能力は前バージョンまでは良くなかった。新バージョンになってからは各テストに参加していない。定義ファイルは前バージョンと共通なのでぶっちゃけ不安ではあるが、ヒューリスティックエンジンなどに手が入っているので前バージョンより良くはなっている。
また、クラウドを利用したアプリケーションの安全性スキャンなども可能である。
全部入りだとメモリは結構食うが、これ一つで済むので結果的に少なくて済むことも。

ぶっちゃけ本体はファイアウォール側だと言えるほどで、その評価はもはや語るまでもない。
アンチウィルス側で見逃したウィルスも、自動サンドボックス機能やHIPS、ファイアウォールをうまく使うことで事実上無力化できることさえある。(※要設定。もちろん過信は禁物。)
もちろん、別のアンチウィルスソフトとこれのファイアウォールで運用することも可能であり、というかむしろそちらの方が王道である。CIS一本でいいだろう、と言う声が出始めたのはこの新バージョンが出てから。

Microsoft Security Essentials


Microsoft謹製のアンチウィルスソフトウェア。
メモリは食わないし、存在を忘れそうなくらい軽い。検出力はまあまあ。高くはないので過信は禁物である。
ビヘイビア機能っぽいものがついているが、「動作の怪しいプログラムを見つけたら、クラウド上の最新の定義ファイルでスキャンし直す」と言う機能なので、他のアンチウィルスが言うビヘイビア機能とは若干異なる。
Microsoft純正らしく、Windows FirewallやInternet Explorerと併せて使った方がよい。特に、Internet ExplorerのSmartScreen機能は結構馬鹿にできない性能を持つ。
何より、無料で広告なし、しかもMicrosoft製なので家族用のPCに放り込んでおくには最高の品である。

ちなみに、Windows 8では「Windows Defender」と言う名前でMSEが標準インストールされている。また、WindowsRTはこのWindows Defender(実質MSE)のみしか使えない。
Windows Vista/7にも搭載されている"Windows Defender"はスパイウェア対策のみの別物であり、こちらもMSE同様の軽快さを持つ。また、(競合の可能性があるとされているが)他のアンチウィルスとも競合することは少なく、併用できることが多い。スパイウェア検出力もこっそり高かったりする。

まとめ


・王道
Avira Free Antivirus 2013 + COMODO Internet Security 2013(ファイアウォールのみ)

・大穴
COMODO Internet Security 2013(全部入り)

・お手軽
Microsoft Security Essentials + Windows標準FW

・お任せ
BitDefender Antivirus Free Edition + Windows標準FW

・人柱
BitDefender Antivirus Free Edition + COMODO Internet Security 2013(ファイアウォールのみ)

・よくわかんない
ノートン。

ごめんちょっと長かった。
関連記事

2012/12/30/21:46:20(Sun) [ セキュリティ ] [ Comment(0) ] [ Trackback(0) ]

Comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。