俺の作業デスク
http://tenkuuizayoiduki.blog19.fc2.com/

Aterm MR03LN買った

2014/06/01/22:59:23(Sun)

突然ですが、私は今までぷららモバイル(3G)をGL01Pに差し込んで使うという奇っ怪な運用をしておりました。
GL01Pってあれですよ、イーモバイルのモバイルルータですよ。周波数帯がかぶってるのでdocomoの3G SIMも使えるんですよね。まあ、2GHz帯しか使えない(FOMAプラスエリアは非対応)んですが。

ぷららモバイルは上限1.5Mbpsである代わりに帯域制限が一切ないサービスでして、私は「残り何GB使うと制限される」っていうのをいちいち気にしながら使うのが嫌いだったのでこのサービスを使っていたわけです。
でも、3Gってそろそろ限界かなと思い始めまして。正直、出先でPSO2をするのに3Gではレイテンシが厳しすぎるのです。速度的には問題ないんですが。

そもそも3Gの帯域自体だいぶLTEに割かれてしまいましたし、ぷららモバイルの割引期間も終わって1.5Mbpsで3,000円近くするし、もういっそ乗り換えたほうがよくね?と思った訳です。

で、ぷららモバイルの契約を切ってBIGLOBE LTE/3Gに乗り換えました。いやーLTEすげぇっすね。スマホも持ってない私からするとマジびっくりっすわ。

そんなわけで、本日はモバイルルータ Aterm MR03LN について、です。
BIGLOBEとかLTEとかについては今後また別記事で書く かもしれない



特徴


このMR03LNですが、今年2月に出たばかりの製品で、モバイルルータとしてはぶっちぎりの多機能です(たぶん)。
個人的に気になる特徴を挙げるだけでも以下のとおり。

・小さく、薄い
・LTEクアッドバンド対応(2GHz、1.7GHz、1.5GHz、800MHz)、下り最大速度150Mbps対応(早い話が現時点でのdocomo Xi最新鋭対応)
・IEEE802.11ac(最大433Mbps、nは300Mbpsまで)対応
・5GHz対応(ただし現在W52のみで屋外使用は不可)
・Bluetoothテザリング(最大3Mbps)
・バッテリ持続時間 WiFi利用時12時間、BT利用時24時間
・ギガビットイーサネット搭載クレードル(オプション)
・クレードル有線LANへのブリッジ接続
・公衆無線LAN対応

などなど。特徴を抜き出すとこんなもんで、正直全機能について書いていたらそれだけで記事いっぱいいっぱいです。
とにかく、これだけでもこいつがいかに多機能かということを理解していただけただろうと思います。

ただちょっと気になる点がいくつか。
5GHzに関しては、W53やW56にも対応と製品使用ページには書いてあるくせにW52しか使えないっぽい。なんでやねん。
クレードルのLAN端子が何気にギガビットイーサネットですが、本体との接続がUSB 2.0なので最大でも480Mbpsなんじゃないかなーと。
気にならないと言えば気にならないかも。ただ、外での2.4GHz帯が混雑しまくっている状態ですから、W56への対応はしていただきたいかなあ……とも。実用に耐えないような状況に陥ったことはありませんけどね。

しかし、クレードルを介してブリッジ接続できるというのはポイント高いです。出張時に小型の無線LANルータを持ち歩かなくてもよい、ということですから。

外観



MR03LN
外箱はこんな感じ。イケメン。

MR03LN
開封するとこうなる。イケメン。

MR03LN
黒いぼでーがマジイケメン。

MR03LN
大きさ比較。比較対象はN-01E。いわゆる普通のガラケーです。
たぶん今時のスマホサイズか、それより少し小さめですね。

MR03LN
しかも、かなり薄い。1cm程度でかつフラットなので、非常に薄く感じられます。
ポケットに入れていても違和感は少ないです。充電はこのmicroUSB端子から行います。クレードルに置いて充電するときもこのmicroUSBを介しての充電です。

MR03LN
その他付属品。先ほども書いたとおりクレードルは基本的にオプション扱いなので、契約先によって付属、オプション扱い、取り扱いなしとさまざまです。
……ところで緑のぶっといLANケーブルはなんなんすかね。こんなん使う人がいるんですかね。

ハードウェアとしては電源ボタンとmicroUSB端子しかなく、そのほかの操作はタッチパネルで行います。

MR03LN
(※下部の青い点は撮影時に反射して映り込みました。本体に青い光源があるわけではないです。)
メインメニューはこんな感じで、今使っているデータ量やバッテリの状況が一目でわかります。なかなかに便利。
このデータ量は月が変わった時点で自動的にリセットされます。リミット容量は別途設定が可能です。

MR03LN
ついでにショートカット画面。この画面にある機能ならここでワンタッチオン/オフが可能です。
今のところ自前でのカスタマイズはできない……ようです。よく説明書読んでないし、このままでも困ってないんで実はよく知らない。

Bluetoothテザリング


個人的に買う前から一番気になっていた機能です。
普通、モバイルルータと端末は無線LAN機能を使って接続しますが、それをBluetoothにしてしまうわけです。

特に、この機種はBluetooth 4.0に対応しています。Bluetooth 4.0はボタン電池1個で数年間駆動させることも可能であると言われているほど省電力です。
4.0でなくとも相当に省電力ですけどね。

一方、この省電力の代償として最大速度が3Mbpsになってしまいます。
3Mbpsというとおよそ384KB/sくらいですな。Youtubeの480p動画くらいなら閲覧できる速度ですから、通常のWEBブラウジングなら全く問題はありません。

……ただ、BT4.0は最大転送速度1Mbpsだったような気もするのですが。
そういえば2.0の時に3Mbps転送になるEDRとかが追加されてましたね。4.0+EDRでしょうか。まあ、端末側は2.1に対応していればいいようですから、何で通信しているかなんてわかりませんが。

また、当然ながらモバイルルータだけでなく端末側の対応も必要です。具体的に言うと、PANUへの対応が必要です。
例えば、PS VitaはBluetooth機能を内蔵していますが、このBluetooth経由で通信する規格に対応していないため使用できません。
Windows8、Androidは機種次第ですが新しい機種なら問題なく接続できそう。iPad、iPod touchもいけるみたいですがiPhoneは非対応らしい。

また、ここでは詳しく説明しませんがBluetoothでの接続はWiFiと比較して数段煩雑です。もうちょっと簡単に接続できればなーと思わなくもないです。

さらに、端末によっては安定しない場合があります。
まあ私のWin8タブレットのことなんですけどね。時たま中途半端に接続不良になるんですよ。ルータとの接続はできてるけど通信が全くできてないというか。再度ペアリングし直せばよいのですが、ちょっとめんどくさい。

これはどっちが悪いとか言う話ではなく、まだBluetoothテザリングが成熟されてないだけでしょう。今後改善されていくと思います。

…そういえば、タブレットにどっかから拾ってきた無線LANドライバをぶち込んだような……。

バッテリ持続時間


バッテリ持続時間のカタログスペックは以下のとおりです。

WiFi接続での通信: 12時間
BT接続での通信: 24時間

休止状態(各種OSに対応した専用アプリまたはBT接続でリモート解除可)
リモート起動待機時: 250時間
リモート起動無効時: 1,000時間

ウェイティング: 30時間

実際に使ってみた状態を以下に。ちなみに、概算での持続時間は100%全部きれいに使い切った場合、という計算です。そこまで使うことはほぼありませんし、0%になる前に機器側が電源を落とすはずなので実時間はもう少し少なくなるでしょう。

まずWiFi接続の場合。VitaとPC1台をWiFiにて接続し、VitaでPSO2をプレイしつつ、PCでTwitterと適当にWEBブラウジングをし続けました。結果、およそ1時間で12%ほど減っていました。
単純に計算すれば8~9時間くらいでしょうか。ネトゲやTwitter(UserStream)など、ひっきりなしに通信し続けるものが多数動いている環境での測定なので、モバイルルータの運用としてはかなり過酷な状況です。それで8~9時間ですから、かなり健闘しているのではないでしょうか。普通にWEBブラウジングする程度ならカタログスペックと同等の動作時間が出せるでしょう。

ちなみに、無線LANの電波強度はデフォルトで12.5%と抑えめな出力になってましたよ。まあ全力使わなきゃいけないほど離れた距離では使わないでしょうし。
離れた距離で使わなければならない場合(クレードルからブリッジモードで使う場合など)、感度が低いなら設定画面にログインして出力を上げたほうがよいかもしれません。

続いてBluetoothテザリングの場合。これは私の手元に接続できるものがタブレットしかないので、タブレットを1台接続してTwitterをUserStream接続で眺めながらWEBブラウジングしました。
結果、1時間に5%程度でしたね。順当に行けば20時間ほど?やはりBluetoothはすばらしいです。

当然と言えば当然ですが、タブレット側の消費電力も減っているようです。これはしっかり測っていなかったので不明ですが、タブレットの普段のバッテリ使用量が1日30%弱であったのに対し、だいたい20%くらいまで削減できているようです。2日使って残り40%ほどのところ、60%以上余っていました。
1/3くらい消費電力をカットできているのでしょうか。

休止状態は電源を切った状態に近いと見てよさそうです。電源ボタン長押しまたはリモートで再起動できますが、ちょっと時間を食います。といっても10秒くらいのものなんですが。
私はリモート起動は使っていないので使い勝手がどんなものかは不明。アプリはWin、Mac、iOS、Androidと一通りそろっています。
リモート起動を無効化して12時間放置した結果、バッテリは1%だけ減っていました。ほぼカタログスペック通りと見てよさそうです。

ウェイティングはほぼ起動状態と同じ状態です。起動しっぱなしと何が違うのか不明なほどで、これ設定する意味あるんかなって感じもします。端末から接続すればすぐインターネットにつながる点は便利ですね。
デメリットは休止状態と比較してバッテリの消費量がやや大きいことでしょうか。何せカタログ上30時間ですからね。

では、Blutooth接続モード、接続端末なし、ウェイティング状態、ECOモードオンの時。要するに、端末を立ち上げてBT接続すればすぐつながる状態、ですね。
この状態であれば、6時間で10%ぴったりの消費でした。単純計算すると60時間?わお。

数日間充電できない状況に置かれる場合であれば休止状態のほうがよいと思いますが、夜確実に充電できるのであればウェイティング設定でも問題はないと思います。利便性ではこちらが圧倒的に上ですからね。
あぁでも、WiFiを使うのであればもう少し稼働時間が短くなりそうです。LTE接続がどうなっているかはわかりませんが、少なくともWiFiはいつでも接続できる状態にしているわけですし。

ちなみに唐突に出てきたECOモードですが、「一部の機能を制限することで消費電力を抑えることができます」としか説明されていません。
オンにしていても特に不便を感じたことはないので常時オンにしています。ああ、言い忘れていましたが上の使用状況はすべてECOモードオンです。

ショートカット一覧


設定の解説とかめんどくさいんでショートカットだけ。

MR03LN
先ほどの画像をもう一度。
まあ、見たまんまですよね。
公衆無線LAN、ECOモード、LTE/3Gのオン・オフ切り替え。
ルータ/ブリッジ切り替え、WiFi/BT切り替え。それだけのことをこの画面で行えます。

公衆無線LANは場所によって使い物にならない場合もあるらしいですから、簡単にオン・オフできるのはいいですね。
個人的にはWiFiとBTの切り替えも気に入っています。あ、ここでは切り替えしかできませんが、設定画面から設定すればWiFiとBTの両立も可能です。なんかファームウェアの更新で対応したらしいです。

おまけ


ここまでいろいろ紹介してきましたがほかにも多数の機能があります。

まず、802.11ac対応。はい、対応する端末がないのでテストできません!

続いて、ギガビットイーサネット完備のクレードル。はい、家は無線LANルータあるしホテルに泊まることもしばらくないのでテストできません!

また、公衆無線LANに接続することもできます。はい、通勤以外でほとんど外出しないのでテストできません!
余談ですが、BIGLOBE LTE契約はこの公衆無線LANも無料でついてきます。

それから、WiFiやBTではなく、USB接続でPCと接続することもできるみたいですよ。はい、基本タブレットやVitaを接続するのでUSB直接続使いません!

そのほか、裏ぶたがすげぇ固くはまっていて、裏ぶたのツメをへし折らんという勢いで力を込めないと開けられませんが、バッテリも交換可能です。直営サイトで交換バッテリ単体で販売されています。

と、何でもできちゃうすごいやつだ!とだけ言っておきましょう。

まとめ


さて、こいつは933円の24ヶ月分割払いでの購入でした。つまりモバイルルータのくせに2万円以上するわけですが、これが高いか安いかと言われれば間違いなく安いといわざるを得ません。

長持ちなバッテリ、802.11ac対応、Bluetoothテザリング可能と多機能でありながら、本体のタッチパネルがすごく使いやすいのです。
現時点でクアッドバンドや150Mbpsへ対応しているので、今後さらに上位規格が出てもしばらくはこれでしのげるでしょう。
毎日充電しているとバッテリがどのくらいのスピードで劣化するか不安もありますが、この機種ではバッテリを別途購入できるのでその不安もありません。

LTE接続は帯域制限も厳しいですが、場所によっては公衆無線LANを利用できるというのも大きいです。私が使うことがあるのかどうかは疑わしいですが。

何より最新鋭多機能ってだけで十分購入に値するではありませんか。
Aterm MR03LN、おすすめです。……いやまぁ、高いですけどね。2万出してでもこいつを使いたいんだこいつじゃなきゃやだ死ぬって感じでなければ型落ちの安いルータでもいいと思います。
関連記事

2014/06/01/22:59:23(Sun) [ ハードウェア ] [ Comment(0) ] [ Trackback(0) ]

Comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]